生命保険の見直しタイミングに関して

まさかに備えることで人生が豊かになる

誰しもそうですが、一度は死んでしまいます。特に深刻な事態を招いてしまうのが、一家の主が亡くなった時ではないでしょうか。大切な家族を路頭に迷わせることになりますし、ライフプランをしっかりと立てておくことが大切です。そして、重要な鍵を握っているのが生命保険ではないでしょうか。一口に生命保険と言っても種類や掛け金は様々ですし、自らが入っている生命保険のことをよく知らない方も多いのではないでしょうか。無駄にお金を支払っているケースもありますし、定期的な見直しをすることが必要ではないでしょうか。

子どもの成長や進学に合わせたプランに

見直しのタイミングは各々ですが、最も多いのが子どもの成長や進学だと言われています。何かとお金が必要になりますし、年間の支払い金額を抑えたいと考えている方が大半です。また、病気になった際には給付金を事前に受け取ることも可能です。亡くなってから受け取ることも出来ますが、子どもが成長期にアルト、莫大なお金が必要になります。事前にお金を受け取ることで、進路変更を余儀なくされることがありません。葬儀・告別式に備えることも出来ます。男女共に当てはまることですが、40歳を超えると成人病のリスクが高まります。とりわけがんに関しては、日本人の二人に一人が発病すると言われています。乳がんや子宮がんは女性特有の疾患になりますし、保険見直しのタイミングとしては、40歳が大きな目安になるのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーの役割とは

見直しを思い立てば、まずは窓口を訪れてみることです。各保険会社には担当窓口がありますし、ファイナンシャルプランナーが適切なアドバイスをしてくれるはずです。今がタイミングがベストかどうかも、親身になって助言をしてくれるのではないでしょうか。資料請求やインターネット見積りも可能ですし、加入者にも分かり易いシステムが増えています。知っていることでお得な情報が満載ですし、有事に備えておくことで、いざという時に慌てずに済むのではないでしょうか。死亡時に受け取る金額を手厚くするのか、それとも生きている間にお金を受け取るタイプにするかは、家族構成によっても変わってくるはずです。一人で決断出来る問題ではありませんし、周囲の意見に耳を傾けることも重要ではないでしょうか。未来志向で、ベストなチョイスをすることが大切です。

記事を共有する